浦添市長選が告示 軍港移設、玉城知事の対応焦点

 

 31日午前、告示の届け出を済ませた松本、伊礼両氏は浦添市内で第一声を上げた。

 市伊祖の事務所前で出陣式を開いた松本氏は「不安を煽り分断せず私たちはいま、心を一つに、連帯してこの街の未来に向かって歩いていこう」と呼び掛けた。

 軍港の移設先となる市西海岸で出発式に臨んだ伊礼氏は「市民のための政治を実現する。軍港建設は絶対に許さない浦添市長になる」と訴えた。 

新しいカタチの選挙とは

 浦添市選挙管理委員会によると、告示前日の1月30日現在の有権者数は9万964人(男性4万3552人、女性4万7412人)。市長選では新型コロナウイルスの感染防止の対応策や、市民生活の向上なども重要争点だ。

 新型コロナの影響で、松本氏、伊礼氏ともに総決起大会を無観客としたり、街頭で縮小して開いたりと試行錯誤の対策を強いられている。

 同日投開票の浦添市議選も含め、市内各地で攻防が繰り広げられるが、先日の宮古島市長選では選挙戦関連のコロナ感染者が相次いだ。投票率低下が予想される中で、密を避けながらいかにして多くの有権者に支持を訴え、投票所に足を運んでもらうか。選挙戦の「新しいカタチ」をいかにつくっていくかも問われる1週間となる。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ