「冬ボーナス減」回答企業の6割 新型コロナが影響

 

 東京商工リサーチ沖縄支店は、このほど県内企業を対象にインターネットを利用して行ったアンケート調査結果を発表した。それによると、冬のボーナスについて回答した73社のうち、63.01%(46社)が前年より「減少した」と回答。「増加した」は36.99%(27社)にとどまった。同調査は、昨年12月1日~12月9日に実施。有効回答社数107件を集計した。

 減少したと回答した46社を業種別で見ると、建設業14社、サービス業10社、卸売業8社などと続いた。サービス業の内訳は、ホテル4社、ステーキ店と居酒屋が各1社となっている。減少幅に関する質問では、回答した32社のうち最も多かったのは「1割」の37.5%。次いで、「3割」の15.63%が多く、「10割」も9.38%あった。

一方、増加した企業27社の内訳は、建設業9社、サービス業6社で、同業種で明暗が分かれる結果となった。サービス業の内訳は、税理士事務所や病院、組合、リース業、産業廃棄物収集運搬、ビルメンテナンスなどで、新型コロナで大きな影響を受けているとみられるホテルや飲食店などはなかった。

 前年同月の売上高を100として比較する減収企業率では、11月の売上高について回答した81社中、新型コロナの影響で減収した割合は72.84%(59社)となった。前年から減収した企業の比率は、2月の57.33%から5月に80.31%まで上昇し、9月以降は70%台で高止まりが続いている。

 ただ、コロナ禍による人員削減の有無について回答した97社中、「実施しておらず、予定もない」が88.66%(86社)で最多。「実施した」は5.15%(5社)、「今後、実施する予定」が6.19%(6社)で、合計で11.34%と1割強を占めた。

 2021年4月の新卒・中途採用の入社予定に関して変更があるかについて回答した53社のうち、「内定取り消した」と「内定取り消しを検討する可能性がある」企業は、それぞれ1社ずつで全体の3.78%だった。

 一方で、22年度の採用予定数について回答した80社のうち、「21年度と同水準を維持する予定」が62.50%(50社)、「増やす予定」は25.00%(20社)で、合計87.50%に上った。ただ、同支店では、コロナ収束の動向によってはこの数値が変わる可能性があるとして「個人消費を左右する雇用動向にも注視して行く必要がある」と分析している。

  新型コロナの影響を軽減するための政府支援策についての質問(複数回答)では、48社から136の回答があり、最も多かったのは「持続化給付金」31社、日本政策金融公庫(沖縄公庫)による実質無利子・無担保融資(新型コロナ特別貸付)の24社などとなっている。

 県は19日、3度目になる県独自の緊急事態宣言を発出した。新型コロナの第3波が県経済へ与える今後の影響も注視する必要がある。

(記事・写真・図 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ