400年の伝統題材のエイサーで島を元気に!若者が動画制作

 

 クラウドファンディングで動画撮影や活動にかかる資金を募ると、約50名の支援者が集まり、目標金額を達成した。支援者の中には、「応援しています!頑張ってください!」「曽祖父が暮らしていた多良間島、また安心して行けますように!」「多良間出身なので今回の試みを素晴らしく思います」「小さな島から大きな夢を」「こんな大変な時だけど、多良間をいつも思っています。早く収束を願うばかりです。コロナに負けず、島の皆さん心から応援しています」などと応援のコメントが寄せられた。

感染症対策をしながら練習や動画撮影

 エール動画は、多良間人に好評だった一曲目「大豊見親(うふとぅゆみや)」、新曲の二曲目「Neo soul “CHO-BIN”」の他、「ダイナミック琉球」のダイジェスト映像や「八月踊り」の映像、団員や関係者からのエールを織り交ぜた内容の動画を制作している。年内に撮影を終え、来年1月に多良間島民へ公開する予定だ。

感染症対策をしながら動画撮影に向けて練習に励む(写真:多良間ふしゃぬふエイサー)

 一曲目「大豊見親(うふとぅゆみや)」は、八月踊りの中で披露される組踊「忠臣仲宗根豊見親(ちゅしんなかそねとぅゆみや)」を元に作られ、今年11月に初披露した新曲の二曲目「NEO Soul”CHO-BIN”」は、戦前の「八月踊り」の中で演じられていた「手水の縁(てみずのえん)」を著し、琉球王国時代の蔡温によって多良間島に家族が島流しにあった詩人「平敷屋朝敏」をイメージしている。唄者・登川誠仁さんの最後の弟子・仲宗根創さん作詞作曲、「龍神伝説」の上江洲安秀さん振付の下、完成した。

多良間島にて、多良間青年会へ二曲目を指導する様子(写真:多良間ふしゃぬふエイサー)

大好きな多良間島を応援したい

 代表の波平さんはエール動画の完成に向けて、「当たり前にあった日常が脅かされている今日、それぞれの地域の団結力や発想力がこれからの世界を作る!そう信じて大好きな多良間島、大好きな多良間人を応援するため、毎日試行錯誤しています。なかなか活動が難しい間も、島への思いは消えません。これからさらに活動の幅を広げ、世界中の多良間人・地域人を応援したい」と話す。

 さらに、「全て完成したら、また多良間島で披露したい。石垣や宮古、各郷友会での総会やイベントでも披露し盛り上げていきたい」と意気込みを語る。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住5年、2児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ