第11管一條本部長「全く影響ない」 中国公船「砲」大型化で見解

 
過去最大の砲を搭載した中国公船を初確認したことについて説明する第11管区海上保安本部の一條正浩本部長=24日、那覇港湾合同庁舎(那覇市)

 第11管区海上保安本部の一條正浩本部長は24日、那覇市の那覇港湾合同庁舎で会見し、15日に尖閣諸島周辺海域の領海外側にある接続水域で過去最大となる大型の砲を搭載した中国公船「海警2204」を初確認したことについて「(領海警備体制には)全く影響ない」との認識を示した。その上で「冷静かつ毅然(きぜん)と対応するということに尽きる」と強調した。

 一條本部長は、砲が大型化したことに対する受け止めについて「現在、分析中で、今日時点で明確にお答えできるものはない」と述べるにとどめた。

 ただ、現場の反応については「冷静に受け止めていると思う。さらに緊張感を維持しながら対応している」と説明した。

 また、海上保安庁の巡視船に搭載されている武器は、40㍉砲が最大であると説明。その上で「警察機関である海上保安庁として最適な武器の大きさはどのようなものであるかという視点で検討は必要だと考えている」と語った。 

 大型の砲を搭載した中国公船に対して、海上保安庁の巡視船で対応できるのかという問いがあることにも触れ、一條本部長は「安心していただきたい。評価は大きさや数字だけではなく、『戦術』を含めて評価するものだ」と述べた。

11月15日に尖閣諸島周辺海域の接続水域で初確認した過去最大の砲を搭載した中国海警局の公船「海警2204」(写真提供・第11管区海上保安本部)

 さらに、現場を預かる第11管区海上保安本部として「能力の維持向上を積み重ねていくことが重要」との考えを示した。

 中国公船の砲の大型化が長期的にどのような影響があるかについては「東京の本庁を含めて、これを長期的にどのように捉えるかについては分析中で、判断するにはもう少し時間が必要。わずかな変化も見逃さないということを心掛けて、現場対応を続けていく」と応じた。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ