海外出身の琉球舞踊家が活躍 ことし師範や教師が続々誕生!

 
琉球舞踊玉城流冠千会の免許授与式

 今年に入って、琉球舞踊玉城流冠千会(かんせんかい)に、新たに会主1名、師範4人、教師7人が誕生した。琉球舞踊の世界において、20年経っても師範になれない人もいるほど難関といわれている中、冠千会から、言葉や習慣の違いを乗り越え、米国やアルゼンチンなど海外の舞踊家が免許を取得した。海外の舞踊家の活躍は、まさに沖縄の古典芸能が世界中で普及している証。芸の取得に情熱を傾ける姿は県内芸能家の刺激にもなっている。

琉球舞踊玉城流冠千会、流派が海外に広がる

 琉球舞踊玉城流冠千会は、初代家元の池原シズさんが30年前に創立。現在は、仲嶺みどりさん(71)が2代目家元を務めている。

 同会は、家元の道場を沖縄県うるま市石川に、支部を那覇市、大阪府、米国カリフォルニア州に構え、今や海外に流派が広がっている。

玉城流冠千会の舞踊家ら=かりゆし芸能公演
玉城流冠千会による「創作舞踊『海畑人』」

米国出身のジョーンズさん、言葉の壁乗り越え「師範」に

 新たに会主となった与那嶺恵子さんは、米国カリフォルニア州サンディエゴ在住だ。40年以上の芸歴で、弟子に琉球古典芸能コンクールの最高賞や優秀賞の合格者もいる。

 その与那嶺恵子琉舞道場の門下生であり、師範となったのは、米国人の父と旧与那城村・浜比嘉島出身の母の間にミシガン州で生まれ、6歳ごろから琉舞を習ってきた西門ジョーンズ・ジョセフ(35)さんだ。

 15歳の時に琉球古典芸能コンクールで「新人賞」、18歳の時に「優秀賞」を受賞。その後、 大学で国際ビジネスを学ぶ傍ら稽古に打ち込み、21歳の時に2ヶ月間沖縄で特訓した末に「最高賞」を初挑戦で取得。「いつか与那嶺先生の跡を継ぎ、アメリカの若い人たちに琉舞の素晴らしさを伝えていきたい」と夢に向かって芸道をひたむきに歩んできた。

 日本語も堪能で、師範免許の取得を「今まで僕の師匠が作ってくれた道を歩んで、若い人達に琉球の芸能の歴史や心を披露したいと思います」と話した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ