沖縄産マンゴーをPR 「マンゴーの日」セレモニー

 
「マンゴーの日」セレモニーで、関係者らが集い県産マンゴーを県内外にPRした=15日、道の駅豊崎(豊見城市)

 沖縄産マンゴーのおいしさを全国に広めようと、「マンゴーの日」セレモニー(主催・県農林水産物販売促進協議会・前田典男会長)が15日、豊見城市の道の駅豊崎で開催された。この催しは販売促進キャンペーンの一環として毎年行われているが、新型コロナ感染症対策で、例年より規模を縮小し実施した。

 主催者を代表して、前田会長は「県産マンゴーは贈答用の需要に加え、一般家庭での消費量も拡大し、全国の消費者に長く愛されてきた。今年も生産者の努力と愛情で育てられた高品質のマンゴーを全国の皆さまに広く楽しんで頂きたいと思う。本日の『マンゴーの日』を皮切りに、さらに全国にPRしていきたい」とあいさつした。

 生産者あいさつでは、JAおきなわ豊見城支店果樹生産部会の當銘健一部会長が「年明けの曇天や低温、長雨などが影響し、生産に大変苦労したが、今年も品質の良いマンゴーが収穫できたので、我々生産者も一安心している。『マンゴーの日』を境に、県産マンゴーのおいしさを全国に届け広めていきたい」と述べ、さらなる県産マンゴーの消費拡大に期待を込めた。

 セレモニーでは、このほか、玉城デニー知事(代読・崎原盛光県農林水産部長)や、拠点産地代表の山川仁豊見城市市長、流通団体代表で沖縄協同青果の濱川昌二社長もあいさつした。

 JAおきなわ農業振興本部営農販売部の担当者によれば、JA取扱いのマンゴーで、昨年史上2番目の豊作だった前年比79.5%に相当する約433トンの出荷量を見込むという。また、全県の総生産量は前年比約75%に当たる1644トンを予測していると話していた。

JAおきなわの職員が試食用マンゴーのミニカップを買い物客らに配布した=15日、道の駅豊崎(豊見城市)

 セレモニー終了後、JAおきなわの職員らが、JA農産物直売所の入口で、試食用マンゴーのミニカップを買い物客らに配布し、「マンゴーの日」をPRした。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ