OIST入居の企業が開発「超吸水性」素材が世界を変える理由

 
EFポリマーのナラヤン・ラル・ガルジャールCEO

 沖縄科学技術大学院大学(恩納村、OIST)のインキュベーション(起業支援)施設に入居するインドのスタートアップ企業「EF Polymer株式会社」(以下EFポリマー、ナラヤン・ラル・ガルジャールCEO)が開発したオーガニック由来の“超吸水性ポリマー”が注目を集めている。自重の100倍もの水を吸収することができる粉末を畑にまくことで土壌の保水力を大幅に向上させ、使用する水を約4割削減、農作物の収量増につなげている。今後は各分野への応用・活用を見込んでいるなど、沖縄で成長を続ける企業が科学技術の力で世界の水問題を解決に導く。

1kgの粉末で1000㎡の土壌に効果

 社名と同じ名を冠する製品「EFポリマー」。ポリマーとは、分子量を多く持つ高分子化合物で構成される「高分子素材」を指す言葉。ポリマーの例としてはポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン、アクリル樹脂などで、一般的に聞き覚えのある素材も多い。

 粉末状のEFポリマーは前述のように自重の100倍もの水を吸収する超吸水性で、たった10gの粉が1リットルの水分を吸収するという素材だ。1kgの粉末で1000㎡の土壌の保水力を劇的にアップさせることができる。

水を加えるとわらび餅のような感触になる。人間が口にしても悪影響はない。

 国内ではすでにJAおきなわでの販売が開始されている。タイでは商社と一緒になって本格的な販売に向けて実証実験に取り組んでいる他、アメリカでの販売も実現に向けて話が進んでいるという。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ