「反対意見を聞こうとしなかった」「『辺野古』県民投票の会」 元山代表 安倍政権と沖縄②

 

 7年8カ月続いた安倍政権は、沖縄とどのように向き合ってきたのか。長年にわたって県内でも意見が分かれてきた米軍普天間飛行場の移設問題で、県民の声を直接問うべきだとして2019年の県民投票の実現に向けて活動した「辺野古」県民投票の会代表の元山仁士郎氏に振り返ってもらった。

***

 見る人によっては良い点悪い点も両面あるとは思いますが、私は評価しません。

 安倍政権は、以前の政権に比べて沖縄に強硬な態度を取っていると思います。基地問題などで負担を強いている沖縄に対して、例えば橋本政権や小渕政権からは配慮や申し訳なさを感じられました。(日米地位協定の改定と米軍基地整理縮小を問う)96年9月の県民投票を受けて、橋本さんは「沖縄の痛みを国民全体で分かち合うことがいかに大切であるかを痛感している」という談話を出していました。

閣議決定でゴリ押し

 そもそも国家の安全保障に関わる基地の問題は、国民みんなで考えることです。それを内閣主導でやって閣議決定でゴリ押ししてくるのは、安倍政権以降なのではと思います。

 安倍首相はよく民主党政権を「悪夢のようだった」と批判していました。たしかに、鳩山さんが「最低でも県外」と発言し、実現できなかったことは沖縄にとって悪夢でしたが、安倍さんこそ民主党政権時代を批判するなら、もう少し沖縄に寄り添う姿勢を見せてくれても良かったのでは、と思います。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ