サトウキビの体験型食育オンライン授業 宮古島から全国の小学校に

 

 沖縄県宮古島市でサトウキビ・バナナの栽培、黒糖蜜加工製品の製造販売をしている農業生産法人株式会社オルタナティブファーム宮古(松本克也代表)は、全国の小学校向けにサトウキビを使った体験型の食育オンライン授業を開催している。実際にサトウキビの栽培キットを送って黒糖づくりまで体験してもらうもので、今年6月には農林水産省の第6回食育活動表彰において「消費・安全局長賞」を受賞しており、その取り組みは全国的にも高く評価されている。

遠隔でも五感を提供

 オルタナティブファーム宮古は、宮古島空港から車で15分。「畑(サトウキビ)〜食卓(砂糖)まで!五感を通じて『美味しく・楽しく・学べる』食の循環」として、宮古島の畑で実施する体験やガイドが出向く出張型体験のほか、オンラインでの体験型食育プログラムなどを実施している。

 従来は、修学旅行生や一般観光客などを対象に宮古島の畑で行う「リアル体験」を行なっていたが、2020年秋以降はコロナ禍を逆手に取るように、移動自粛が求められた逆境をチャンスに変え、人数や時間、場所の制約を受けないオンラインのメリットを活用した食育プログラムに取り組んだ。

農園体験の様子(オルタナティブファーム宮古提供、以下同)

現地開催と同様の食育プログラムの提供

 オンラインでも食育プログラムとして現地開催と同様の価値を提供できるよう、事前にサトウキビ栽培キットとしてビニールポット、土、ビニール手袋、サトウキビの苗など、黒糖作り体験キットとして糖度70度の黒蜜などを送付。オンラインでコミュニケーションを取りながら、サトウキビの植え付け、キビかじり、黒糖ができるまでを体験する。また、黒糖の歴史をはじめ宮古島の自然や文化、いつの時期にどんな野菜や果樹が収穫できるのかも紹介する。

「オンライン農体験」の体験キット
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ