沖縄出身・仲本、地元で日の丸背負い躍動 バレーボール日本代表紅白戦

 
安定感のあるレシーブでチームに貢献する仲本賢優=7月31日、沖縄市の沖縄アリーナ(長嶺真輝撮影)

 バレーボールの男子日本代表「龍神NIPPON」が7月30、31の両日、8月26日にスロベニアとポーランドで開幕する世界選手権に向け、沖縄市の沖縄アリーナで紅白戦を行った。Bチームに名を連ねた沖縄県西原町出身のアウトサイドヒッター、仲本賢優(24)=西原高校ー日体大出、パナソニックパンサーズ所属=は両日ともコートに立ち、はつらつとしたプレーで地元を沸かせた。男子日本代表が沖縄で紅白戦を実施するのは6年ぶり。

 代表で主将を務める石川祐希は残念ながら負傷で欠場したが、髙橋藍や西田有志らスター選手が顔を揃え、初日は約4,000人、2日目は約3,600人が来場した。今後、Bチームは8月7日に台北で開幕するAVCカップに出場し、Aチームは東京の味の素ナショナルトレーニングセンターとイタリア・クーオネでの合宿を経て、世界選手権に臨む。

終盤で持ち味発揮 声掛け途絶えず

 紅白戦は両日とも4セット制で行った。

 仲本は2日目、第2セット終盤から出場した。「自分らしく元気良くプレーしよう」と意気込んでコートに立ったが、初めのプレーとなったサーブをミスし、苦い表情を浮かべた。第3セットも「緊張もあって、多少空回りしていた」と、なかなか波に乗れない時間帯が続いた。

チームメートに積極的に声を掛ける仲本(中央)

 しかし第4セットに入ると、持ち味のサーブレシーブが徐々に安定し始める。Bチームは1-3で敗れたが、絶えずポジティブな声掛けを忘れずに仲間を鼓舞し続けた。

 試合後、自己評価を問われた仲本は「30点くらいです。チームを勝たせることはできなかったし、満足のいくプレーを出せていない。まだまだ改善することが多いです」と反省を口にしたが、地元で多くの応援を受け、「色々な方からSNSでメッセージを頂いた。本当にありがたいし、沖縄でプレーできてよかった」と笑顔で振り返った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ