沖縄出身・仲本、地元で日の丸背負い躍動 バレーボール日本代表紅白戦

 
安定感のあるレシーブでチームに貢献する仲本賢優=7月31日、沖縄市の沖縄アリーナ(長嶺真輝撮影)

 バレーボールの男子日本代表「龍神NIPPON」が7月30、31の両日、8月26日にスロベニアとポーランドで開幕する世界選手権に向け、沖縄市の沖縄アリーナで紅白戦を行った。Bチームに名を連ねた沖縄県西原町出身のアウトサイドヒッター、仲本賢優(24)=西原高校ー日体大出、パナソニックパンサーズ所属=は両日ともコートに立ち、はつらつとしたプレーで地元を沸かせた。男子日本代表が沖縄で紅白戦を実施するのは6年ぶり。

 代表で主将を務める石川祐希は残念ながら負傷で欠場したが、髙橋藍や西田有志らスター選手が顔を揃え、初日は約4,000人、2日目は約3,600人が来場した。今後、Bチームは8月7日に台北で開幕するAVCカップに出場し、Aチームは東京の味の素ナショナルトレーニングセンターとイタリア・クーオネでの合宿を経て、世界選手権に臨む。

終盤で持ち味発揮 声掛け途絶えず

 紅白戦は両日とも4セット制で行った。

 仲本は2日目、第2セット終盤から出場した。「自分らしく元気良くプレーしよう」と意気込んでコートに立ったが、初めのプレーとなったサーブをミスし、苦い表情を浮かべた。第3セットも「緊張もあって、多少空回りしていた」と、なかなか波に乗れない時間帯が続いた。

チームメートに積極的に声を掛ける仲本(中央)

 しかし第4セットに入ると、持ち味のサーブレシーブが徐々に安定し始める。Bチームは1-3で敗れたが、絶えずポジティブな声掛けを忘れずに仲間を鼓舞し続けた。

 試合後、自己評価を問われた仲本は「30点くらいです。チームを勝たせることはできなかったし、満足のいくプレーを出せていない。まだまだ改善することが多いです」と反省を口にしたが、地元で多くの応援を受け、「色々な方からSNSでメッセージを頂いた。本当にありがたいし、沖縄でプレーできてよかった」と笑顔で振り返った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ