【参院選】「平和で豊かでゆとりある沖縄を」 再選の伊波氏一問一答

 
当選を受けて、報道陣の質問に答える伊波洋一氏

 7月10日の第26回参議院議員通常選挙で2期目となる議席を守った、沖縄選挙区の無所属現職・伊波洋一氏(70)。約3,000票という僅差を制した当選後、報道陣の質問に答えた伊波氏の一問一答は以下の通り。


「この勝利を大切にしたい」

 ―当選を受けての感想を聞かせてください。

「今日の接戦を見て、政府の圧力は強かったんだなと思いました。それを各地域ではねのけて、勝利を実感として感じました。これまでの選挙で(オール沖縄としては)4自治体が負けているわけですけれど、従来の保守地盤も含めて、今回は地域地域でしっかり住民に対して伝えてそして勝っていったと思っています。この勝利を大切にして、向こう6年間は平和で豊かでゆとりある沖縄に向けて、玉城デニー県政と地域の人たちとともに歩んでいきたいと考えています」

 ―当確の際には奥様と抱き合った姿も見られました。これだけのデッドヒートをどんな気持ちで待っていましたか。

「淡々と見守っていきたいと思っていましたが、その淡々が心臓に悪かったですね。各地域でどんどん票が開き、終盤で那覇市の票差を確認して勝利への実感を味わえました。各地域での県民の思いが、運動の結果として出たと思っています。私たちは政府に対して県民の民意を盾に今回の選挙をしましたので、その勝利は極めて大きいと思います。復帰50年という節目の年に、次の50年に向かう1年にしようということを強く訴えてきましたので、屋良建議書にあった『基地のない平和な沖縄』を目指して、という思いで歩んでいきたい」

 ―県民の「NO」という民意についても触れていましたが、これから県民の声にはどのように向き合っていきますか。

「私はこれまでの6年間で170回以上の質疑をしながらそのことを強く求めてきましたけど、政府は沖縄の問題を無視しているんですね。本来合意されていて、政府の義務であることを自らしようとしない。そのことを明らかにしながら、再検討させていくということに取り組んでいきたい。今回の選挙は沖縄がこれ以上政府に無視されるような存在ではないということを示していると思います。
 大きなお金を出しながら、経済的に優位なことをやってあげるからというような話もありますけども、沖縄は自らの足で立って自分たちの良さを大事にして発展をしていく。そういう流れを新しい振興計画に沿って、玉城デニー県政のもとで取り組んでいくことを国政の場からしっかり応援していきたいと思います」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ