【参院選】”泡沫候補”が結果を左右する? 過去最多タイの5人が立候補した沖縄選挙区

 

 投開票が2日後に迫った参議院議員選挙沖縄選挙区には、改選1議席を争って過去最多タイの5人が立候補している。届出順に「オール沖縄」勢力が推す無所属現職の伊波洋一氏(70)と自民新人で公明推薦の古謝玄太氏(38)が事実上の一騎打ちを繰り広げているが、当選の可能性が低いその他3人の集票数も見逃せない要素だ。NHK党新人の山本圭氏(42)、参政党新人の河野禎史氏(48)、幸福実現党新人の金城竜郎氏(58)の主張は伊波氏、古謝氏と重なる部分もあるため、浮動票を中心に票が割れる可能性もある。

当選ラインは28~29万ほどか

 沖縄選挙区の投票率は、戦後沖縄が初めて国政選挙に参加し、「特別選挙」として行われた1970年の83.64%が最高。1980年代半ばから下落傾向となり、2007年の補欠選挙では過去最低の47.81%にまで落ち込んだ。前回2019年の第25回では過去2番目に低い49.0%となった。

 今回、6月21日時点の選挙人名簿登録者数は1,182,969人。仮に前回の投票率を当てはめた場合、投票数は約58万票となり、当選ラインは28~29万票ほどになると見られる。

 これまで沖縄選挙区で5人が立候補したのは1998年の第18回のみ。その時は革新系候補で現職の島袋宗康氏が243,488票を獲得し、次点だった自民新人の西田健次郎氏と5,158票差で当選した。3位の金城浩氏、4位の金城宏幸氏、5位の又吉光雄氏が合わせて53,804票(小数点以下は切り捨て)を獲得しており、結果に影響を与えたという見方もできる。

未知数の参政党 全国で勢い

 NHK党は全国比例で1議席を獲得した2019年の前回選挙(当時は「NHKから国民を守る党」)でも磯山秀夫氏を擁立し、11,662票を獲得。幸福実現党の金城氏は16年選挙に出馬して9,937票を得た。

 そんな中、最も未知数なのが参政党だ。「投票したい政党がないなら、自分たちでゼロからつくる。」をキャッチフレーズに掲げ、2020年に結党した。国政選挙に候補者を擁立するのは今回が初めてだが、比例区で議席を獲得する可能性が報じられるなど勢いに乗る。ほぼSNSや動画サイトのみで知名度の拡大を図っているが、沖縄選挙区でも演説会に幅広い年代が集まっていた。仮に河野氏が数万票を集めれば、大勢に影響を与える可能性は十分にある。

安全保障、物価対策で主張に重なりも

 金城氏と河野氏の主張は、有力候補2人の政策と重なる部分もある。

訓練する自衛隊機

 金城氏は以前から中国や北朝鮮の脅威を訴えており、河野氏の所属する参政党も「専守防衛では人命と国土を護れなくなっている」として、いずれも防衛力の強化を主張している。古謝氏は南西諸島で進む自衛隊の配備強化に理解を示しており、票が一部割れる可能性がある。特に参政党の政策は保守色が強く、保守票をどれだけ取り込むかが焦点となる。

 一方、物価高騰で生活苦が顕在化してる中、金城氏は伊波氏と同じく消費税減税を訴える。また、河野氏は米軍基地問題について「県民を二分する形を取りたくない」として”保守と革新の大調和”を掲げており、一部経済界の離脱で革新色が強まる「オール沖縄」票に食い込む可能性もありそうだ。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ