「人にも地球にも優しい選択ができる生き方を」消費者としての在り方を問う 又吉麻菜美さん

 
エシカルショップを巡る麻菜美さん

 「良い地球環境にして次世代に残したい」と話すのは、那覇市首里出身で埼玉県在住の又吉麻菜美さん(27)。幼少期から環境問題に触れ、「人にも地球にも優しい選択ができる生き方を」という想いから、地球や自然環境に配慮されたアイテムを扱う「エシカルショップ」などの紹介や、自身の考えなどをSNSで発信。人々が無意識に環境悪化へ加担してしまわないよう、消費者としてのあり方を啓蒙しようと、より強い自身の発信力を求めて「ビューティー・ジャパン」と「ミス・アース」へ挑戦している。

幼少期から母と環境活動

 ひとり親家庭で育った麻菜美さんは、服や教科書、制服などを親戚や友達からもらうなど、近所の人たちに助けられて育ったことから、物を大切にするという精神を育んできた。幼少期から母とビーチや街の美化活動等に参加し、小学生の時には、ゴミのポイ捨てについて作文を書いたほどだ。

 地元の首里高校を卒業した後は、沖縄国際大学法学部に進学。複数の団体活動を通して、沖縄の北部や離島の自然、米軍基地やまちの開発について学び、被災地支援、外国人や障害者、高齢者などの弱者支援に取り組んできた。

 大学3年次の時には、「国際協力を学びたい」と桜美林大学のリベラルアーツ学群国際協力専攻に編入、気候変動や環境問題について学んだ。環境破壊によって生まれる途上国の社会問題に対して、自身の考えを綴った麻菜美さんのエッセイ「国際協力×日常生活ーちっぽけな自分にもできることー」は、PHD協会国際協力エッセイコンテスト2017で審査員特別賞を受賞した。

「構造から考える世界の貧困ワークショップ」の準備を進める、大学時の麻菜美さん(左)=桜美林大学
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ