「人にも地球にも優しい選択ができる生き方を」消費者としての在り方を問う 又吉麻菜美さん

 
エシカルショップを巡る麻菜美さん

 「良い地球環境にして次世代に残したい」と話すのは、那覇市首里出身で埼玉県在住の又吉麻菜美さん(27)。幼少期から環境問題に触れ、「人にも地球にも優しい選択ができる生き方を」という想いから、地球や自然環境に配慮されたアイテムを扱う「エシカルショップ」などの紹介や、自身の考えなどをSNSで発信。人々が無意識に環境悪化へ加担してしまわないよう、消費者としてのあり方を啓蒙しようと、より強い自身の発信力を求めて「ビューティー・ジャパン」と「ミス・アース」へ挑戦している。

幼少期から母と環境活動

 ひとり親家庭で育った麻菜美さんは、服や教科書、制服などを親戚や友達からもらうなど、近所の人たちに助けられて育ったことから、物を大切にするという精神を育んできた。幼少期から母とビーチや街の美化活動等に参加し、小学生の時には、ゴミのポイ捨てについて作文を書いたほどだ。

 地元の首里高校を卒業した後は、沖縄国際大学法学部に進学。複数の団体活動を通して、沖縄の北部や離島の自然、米軍基地やまちの開発について学び、被災地支援、外国人や障害者、高齢者などの弱者支援に取り組んできた。

 大学3年次の時には、「国際協力を学びたい」と桜美林大学のリベラルアーツ学群国際協力専攻に編入、気候変動や環境問題について学んだ。環境破壊によって生まれる途上国の社会問題に対して、自身の考えを綴った麻菜美さんのエッセイ「国際協力×日常生活ーちっぽけな自分にもできることー」は、PHD協会国際協力エッセイコンテスト2017で審査員特別賞を受賞した。

「構造から考える世界の貧困ワークショップ」の準備を進める、大学時の麻菜美さん(左)=桜美林大学
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ