「#積極的にハゲる」で総再生回数2000万回の男が必ずハゲたい理由

 

 あなたは、どちらかと言えばハゲたいタイプですか?多くの人にとっては悩みのもとでもある「ハゲる」。ドラッグストアに育毛剤が各種取り揃えられ、テレビCMでは増毛キャンペーンが盛んに流されている。最近ではいつしか、男性型脱毛症のことがAGAと呼ばれるようになり、スタイリッシュさやら後ろめたさやらが良い感じでブレンドされている印象だ。

 そんな中、一刻も早くハゲたがっている男性が沖縄にいる。仲宗根雄三さん(36)=沖縄市。ショート動画SNS「TikTok」でのハッシュタグ(#積極的にハゲる)は総再生回数が2000万回に迫る勢いだ。なぜそこまでハゲたいのか。その想いの背後には、守り続けたい自分のライフスタイルや、やっと乗り越えられたコンプレックスがあった。

仲宗根さんが毎回のTikTok投稿に付けるハッシュタグ「#積極的にハゲる」

「なぜそんなにハゲたいんですか?」

 最初から核心を突くため、仲宗根さんがこれまでに何度も何度もされているであろう質問をしてみた。「なぜそんなにハゲたいんですか?」

「高校生の時は肩に付くほどのロン毛でした。当時流行っていたGLAYのTERUや漫画『グラップラー刃牙』の主人公に憧れて、髪を伸ばしてみたんですよね、自分には合わなかったんですけど。高3のある日、もう暑すぎて、家にたまたまあったバリカンで5厘にしました。ソフトボールをしていて、帽子やヘルメットをかぶったりしていたらあまりにも蒸れるので『髪、ない方がいいな』と。その時の爽快感が忘れられないんですよね…忘れられない」

 高校時代は極真空手を、進学後はムエタイをするなど、格闘技にのめり込んでいた仲宗根さん。格闘技仲間は仲宗根さんを含めてヒップホップ好きが多く、ファッションとしてほぼ全員が坊主頭を採用していたため、自らの坊主頭もコミュニティの一部と化していた。

仲宗根さんが編み出したハゲる方法

 ぜひ次に知りたいのは「どうやってハゲるんですか?」ということだ。仲宗根さんが自然にハゲる可能性は結構低い。親戚はみんなフサフサだからだ。なので仲宗根さんは人為的にハゲる方法を模索した。それは「朝と夜に毎日剃ること」だ。毛根を徐々に弱体化させて、発毛自体を抑える。一時期はレーザー脱毛も考えたが、頭部は毛量が非常に多いことと、脳にも近いことで危険だということになり、断念した。

 とっておきの「ハゲる剃り方」があるという。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ