「#積極的にハゲる」で総再生回数2000万回の男が必ずハゲたい理由

 

 「まずは髪の毛の流れに沿って一度剃ります。そして締めの『逆剃り』でしっかり剃ります。最初から逆向きにすると頭皮が反発して痛くなるので」。仲宗根さんは続ける。「刃で無理矢理向き合ったら必ず反発が起きるのは、社会や物事と同じです」

職場近くの川で。剃った毛は川に流さずタオルで拭き取ることに決めている。コツは、カミソリを持っていない方の手で頭皮を伸ばすことだ。

目指すべきは「シンプルな生活」

 仲宗根さんが「#積極的にハゲる」のは、爽快感だけが原動力ではない。普段から「シンプルな生活」を心掛けているからだ。

 体づくりやトレーニングにも精を出す仲宗根さん。公園の鉄棒などの健康器具でトレーニングをする「ストリートワークアウト」を行いながら「ロボコップゆうぞう」のステージネームでパフォーマンスをしたり、沖縄県内のテレビCMに出演したりしている。

本人のTwitterより

 隆々とした筋肉は、マシン器具を使ったりプロテインを飲んだりせずに、自重トレーニングと沖縄料理で培ってきた。「プロテインが体に合わず、逆に慢性疲労気味になってしまっていたので自分に合った方法にたどり着きました。マシントレーニングとプロテインが世の中の主流ですが、自分は市場と真逆に全力疾走しています」

 このように、周りに流されることなく「自分に合ったライフスタイル」を追及している仲宗根さん。髪の毛が生えなくなることで、今後頭を剃る手間も省け、家族や友人と過ごすなど好きなことに時間を充てることができるという。

 そもそも坊主頭を続けること自体にもメリットを見出している。

「シャンプーもトリートメントも、石けんも要りません。お湯だけで皮脂を落とすことができます。床屋に行かなくていいので、お金も時間も節約できます。カミソリはしっかりと研いで使い続ければ、1つの替え刃で3カ月間は持つので、一番経済的です」

「タッペー」に悩んだ半生

 話を戻して高校時代。丸刈りにしてみた仲宗根さんは、初めて自らの頭部のフォルムを知ることとなった。このことが30代初めごろまで長らく続く仲宗根さんのコンプレックスとなる。「頭の形が悪いということを認識しました」

 沖縄の言葉では、後頭部が平らな、いわゆる「絶壁」の頭の形のことを「タッペー」と言う。似たような言葉は他にもあり、例えば、逆に後頭部が出っ張っているタイプは「ガッパイ」と言われる。

 「自分がタッペーであることを友人にからかわれるようになって。なんとなくは自分でも分かっていたんですけど、からかわれるほどではないんじゃないかなぁ、ぐらいに思っていました。それに当時、一番仲良くしていた友人がガッパイだったんですよ。宇宙人かって思うぐらいガッパイで。タッペーの隣にガッパイがいて2人で歩いてたら、露骨に目立って余計からかわれました

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ