【視点】予算成立を新しい政治をつくる契機に

 

 一方、立憲民主党や日本共産党は、基本的な政策が異なるのに、選挙になると〝野合〟を繰り返している。

 例えば、労働組合の連合は参院選に臨むため「目的や基本政策が大きく異なる政党と連携する候補者は推薦しない」との基本方針を打ち出している。その「目的や基本方針が大きく異なる政党」が共産党であることは、連合の芳野会長も事実上認めている。

 立憲民主党は日米安全保障条約を認めて現実的な安保政策の展開を主張しているが、共産党は日米安保の廃止を目指している。日米安保をめぐっても180度違うのだ。

 毎日新聞などが先ごろ実施した世論調査では、ロシアのウクライナ侵略を受けて「日本の安全保障が脅かされる不安を感じるか」と聞いたところ、「強い不安を感じる」が46%、「ある程度の不安は感じる」が41%で、計87%が不安を感じていることが浮き彫りになった。

 実際、日本の領土である沖縄県石垣市の尖閣諸島では中国・海警局の公船による接続水域への入域、領海への侵入が相次いでいる。

尖閣諸島の北小島・南小島 内閣官房HPより

 毎日新聞の世論調査で明らかになった日本の安全保障に関する国民の懸念は今後、アジアの緊張が高まる中でますます強まるだろう。そこに責任をもたない政党は、国民の安全や安心をないがしろにするのと同じだ。

 政党の基本は、現実を見据えた政策を展開することだ。政治家も同じだ。現在の課題は〝現在の視点〟で解決するしかない。〝遠い将来の視点〟を持ち出して、国民に聞こえのいいことばかりを訴えても、何の意味もなさないのだ。

 2022年度予算案に国民民主党が賛成したことは、新しい政治が始まることを示唆したと言える。今後、この機会をどう生かすのか、それは国民の責任でもある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

県政を検証する会

投稿者記事一覧

玉城デニー知事による県政のあり方について検証するために集まった沖縄県内外の有識者の会

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ