南城市長選、23日投開票 再選か返り咲きかの一騎打ち

 

 任期満了に伴う南城市長選挙が23日に投開票される。2期目を目指す無所属・現職の瑞慶覧長敏氏=共産、立民、社民、社大、にぬふぁぶし、れいわ推薦=と、返り咲きを狙う無所属・前職の古謝景春氏=自民、公明推薦=の2人で、2018年の前回市長選と同じく一騎打ちの構図だ(並びは届出順)。

瑞慶覧長敏氏

 瑞慶覧氏は市長就任後に就学援助率を倍増させたことや、保育園待機児童を約7割減らしたことなど、現職としての実績をアピール。コロナ対策を含めて市民の命と暮らしを守こと、児童福祉と学校教育の充実化で子どもの権利を大切にすることなどを盛り込んだ8つの基本政策を掲げて再選を目指す。

古謝景春氏(右)

 合併後の初代市長を務めた古謝氏は、特産品を販売する「南城市地域物産館」のオープンや、児童館と図書館を兼ね備えた複合施設の設置など、市長時代の実績を強調。重点政策には野球場整備によるプロ野球球団誘致やデジタル都市構想特区申請、5Gのインフラ整備などを挙げ、市政への再起を狙う。

 選挙戦は現市政への評価やコロナ対策、子育て支援、経済振興などが主な争点だ。前回選挙では当時4期目を目指していた古謝氏を瑞慶覧氏が破って初当選を果たした。瑞慶覧氏の得票11,429票に対し、古謝氏が11,364票でわずか65票差が勝負の命運を分けた。

 南城市選挙管理委員会によると、22日時点の期日前投票者数は13,136人。南城市の選挙人名簿登録者数は35,869人(男:18,007人、女:17,862人、2021年12月現在)となっている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ