劣勢に拍車 市長選3連敗のオール沖縄

 

焦点は沖縄市長選へ

 報道によると、石垣市長選の結果を受けて玉城知事は「住民の方々が選んだ結果であり、一喜一憂しない」と述べた。

 玉城知事は砥板陣営との連携を打ち出してはいたものの、一度も石垣に応援入りすることはなかった。市民主体の選挙を打ち出す戦略上、砥板陣営が知事を呼ばない選択を取ったためだ。ただ、中山氏と砥板氏の差は2454票と「予想外に詰められた結果」(中山陣営)となっており、知名度のある知事が石垣に駆けつけていれば情勢が変わった可能性もある。ともあれ、市長選の敗北は玉城知事にとっても痛手となった。

 次の焦点は4月24日投開票の沖縄市長選となる。アリーナ整備などの実績を引っさげて3期目を目指す現職の桑江朝千夫市長(66)に対し、オール沖縄勢力は人選が難航。投開票まで3ヶ月を切ってようやく、引退予定だった市議の森山政和氏(73)が出馬を引き受ける形で調整がついた。目下3連敗中のオール沖縄勢力だが、沖縄市長選はこれまでの市長選と比較しても「一番厳しい選挙」(関係者)と見通す。

沖縄市役所

 沖縄市は玉城知事が衆院議員時代となる前に市議会議員だったこともあり、長く活動拠点を置いてきた「お膝元」の地域でもある。ましてや今回の選挙は夏の参院選を前にした最後の市長選となる。オール沖縄勢力が一矢報いることができるのか、はたまた4連敗となるのか、結果がもたらす影響は大きい。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ