【速報】うるま市長選 市政継承訴え中村正人氏が初当選

 
当確の報を受けて喜びに沸く支援者に囲まれ、当選を噛み締める中村正人氏(前列中央)

 4月25日に投開票されたうるま市長選は、新人で前市議の中村正人氏(56)=自民、公明、会派おきなわ、無所属の会推薦=が、同じく新人で沖縄国際大学名誉教授の照屋寛之氏(68)=共産、立民、社民、社大、新しい風・にぬふぁぶし推薦=を破り初当選を果たした。

 現職の島袋俊夫市長の路線を継承するか刷新するかが問われた選挙戦では、両候補とも新型コロナウイルス対策や、経済の活性化などが主な争点として挙げられていた。中村氏は新型コロナ対策への取り組み実績や、島嶼地域も含めた市内の道路整備などの政策を挙げながら、島袋俊夫市政の継続を訴えた。

 当選を受け、中村氏は市みどり町の選挙事務所で「多くの支持・支援団の皆様に支えられてこの選挙戦での勝利に至った。島袋市長の後継者として、今日バトンを受け継ぐことができた。今後しっかりと市民の暮らしと命を守ることを頑張っていきたい」と述べ、集まった支持者に感謝を示した。

  投票率は55.49%(選管最終)で有効票数は5万3823票。投票率は前回の2017年実施時に比べて5.21ポイント下がった。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  3.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
  4.  任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日に投開票された。「オール沖縄」を標榜し城間幹…
  5. 20210612_県「総合的に判断する」緊急事態宣言の是非で-1
     5月23日にスタートした今回の緊急事態宣言。当初は6月20日の解除を目指して、小中高校の…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ