劣勢に拍車 市長選3連敗のオール沖縄

 

自民は人選に課題も

 一方、勢いに乗る自公勢力だが、オール沖縄勢力が現職の地位を占める夏の参院選や秋の知事選については、人選が足踏みしている。2月に入り、自民党本部はモデルの知花くらら(39)や、東京五輪の空手で金メダルに輝いた喜友名諒(31)らを自公の推薦候補として世論調査を実施。県内政界関係者の話題を呼んだが、実現の見通しは立っていない。

 参院選をめぐっては、前宜野湾市長の佐喜眞淳氏(57)が出馬を辞退。知事選に意欲を示しているためで、1月の市長選の連勝で弾みがつくも「会議は踊る、されど進まずといった状況」(自民関係者)が続いてきた。県連は3月13日の自民党大会を見据えて、6日の会合で参院選の候補者を絞り込みたい考え。これまで浮上していた県連幹部に加え、新たに那覇市出身で元総務官僚の古謝玄太氏(38)が候補に挙がっている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ