琉球王朝の宮廷音楽「御座楽」がよみがえる 27日に演奏会

 

新たなる挑戦

 復元された御座楽は演奏活動の一方、新たな取り組みも行なっている。

 公演の後半で披露する「唐躍」も、王朝崩壊とともに失われた芸能の1つで、琉球舞踊家又吉靜枝さんと共同で復元研究が進められているものだ。

 また、創作舞踊「紗窓外」は2021年に愛知県知立市での公演がきっかけで生まれた作品だ。知立市で上演した際は琉球士族に扮した文楽人形が、長線という御座楽楽器の独奏によって琉球舞踊を踊るというものだったが、今回の舞台では、知立公演にて振付を依頼された琉球舞踊家山川昭子さんが自ら踊るという。

 比嘉さんは「御座楽は合奏が基本なので、これまで単独楽器での独奏というのも無かったし、御座楽に振付けた創作舞踊も無かった。今回が初演なので完成が楽しみ。御座楽を知らない方でも歴史的背景から楽器まで解説付きで鑑賞できるので、お客様にも親しんでもらいたい」と来場を呼びかけた。

公演名:那覇文化芸術劇場こけら落としシリーズ 御座楽演奏会「よみがえる御城(うぐしく)の調べ」
公演日:令和3年(2021)2月27日(日)14時開演
場所:那覇市芸術劇場なはーと小劇場
入場券:前売3,000円・当日3,500円(全席自由)
https://www.nahart.jp/stage/uzagaku/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ