喜名監督解任後の初戦、白星で飾れず ホームで長崎に1-2 サッカーJ2のFC琉球

 
後半13分、同点弾を決めてベンチに走り出すFC琉球の野田隆之介(右)とケルヴィン=6月11日、沖縄市のタピック県総ひやごん

 サッカーJ2のFC琉球は6月11日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでV・ファーレン長崎と今季第21戦を行い、1-2(前半0-1、後半1-1)で敗れた。2連敗となり、3勝12敗6分の勝ち点15で順位は最下位の22位のまま。チームの立て直しに向け、喜名哲裕前監督を解任してから最初の試合だったが、白星で飾ることはできなかった。この試合は倉貫一毅ヘッドコーチが監督を務めた。

アディショナルタイムで失点

 FW野田隆之介を中心に持ち前のポゼッションサッカーで左右に揺さぶり、相手ゴールに迫る琉球。それでもなかなかゴールを割れない中、前半32分に左コーナーキックからこぼれ球を押し込まれ、先制点を奪われた。苦手とするセットプレーからの失点で嫌な空気が流れるが、前半はこれ以上追加点を許さず、そのまま1点ビハインドのままで折り返す。

 琉球は後半の頭から新加入のブラジル人MFケルヴィンを投入。豊富な運動量で前線から積極的にプレッシャーを掛けると、琉球の持ち味であるポゼッションサッカーに厚みが生まれた。

 すると後半11分、MF中野克哉がボールキープで粘ってファウルを受け、ペナルティエリア手前の右でフリーキックを獲得し同点の好機を迎える。キッカーはMF上里一将。直接ゴールを狙うかと思いきや、ペナルティエリア内左側にいた野田にグラウンダーのパスを送り、直接右足で合わせてネットを揺らした。

 ホームの応援を背に、そのままの勢いで得点を重ねて5試合ぶりの勝利を手にしたい所だったが、最後の最後に落とし穴が待っていた。

 後半のアディショナルタイムは5分。スタジアムにそのアナウンスが流れた直後だった。右クロスに勢い良く飛び込んできた長崎のDF米田隼也にダイビングヘッドを決められ、試合終了間際の土壇場で追加点を許して悔しい負けとなった。

大声で指示を出す倉貫一毅監督

 試合後の会見で「非常に悔しい敗戦になった」と振り返ったのは倉貫監督。今季全42試合中、ちょうど半分の21試合を消化し、今後に向けた改善点を問われ「失点が多いのは数字に出てしまっているので、組織で守ることを徹底して失点を減らしたい」と語った。

 一方、試合後に自身が話す前に選手から「自分達が変わらなきゃいけない」という声が上がったと言い、「そこのところは今までとは違う部分」と前向きに捉えていた。

新加入MFのケルヴィンが躍動 

後半の終盤、直接フリーキックを放つケルヴィン

 ホームで厳しい結果となったが、ケルヴィンの活躍は収穫となった。2014年にブラジルのU-21の代表に選ばれ、ブラジルのほか、ボルトガルのチームでもプレー経験がある。

 昨年11月から公式戦から離れていたというが、「琉球に来てからだいぶコンディションが上がってきている」と躍動。前線から積極的にボールを追って琉球のラインを上げ、ボールコントロールでも高いスキルを見せた。後半終盤では自らファウルをもらい、左足で直接フリーキックを狙う場面もあった。

 琉球は5月21日の甲府戦で、今季7得点の活躍を見せていたFW草野侑己が負傷離脱したため、得点面でケルヴィンにかかる期待は大きい。「ブラジルで色々なクラブでプレーしていたので、その経験を生かしたい。チームは1人で勝つことはできないから、みんなでボールを繋いでいけばいい結果が出ると思う」と語った。

 最後に得意なプレーを問われると、「ゴールに向けて1対1で勝負を仕掛けるところを見てください」と強調。取材陣に日本語で「ありがとうございます」と言い、笑顔で控室に戻っていった。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ