石原慎太郎氏死去 沖縄にとってその意味は

 

強硬でもなく弱腰でもなく

 さて尖閣諸島周辺海域の緊張の影響を最も受けるのがうみんちゅー(漁師)だろう。もともと周辺海域はマグロや沖縄では高級魚のアカマチ(ハマダイ)が捕れる好漁場である。しかし前述したように、海警局の船は領海侵入後、日本の漁船に接近し追尾――追い回しをするのが常態化している(詳しくは〈40㍍先に中国公船が 尖閣諸島でいま起きていること〉https://hubokinawa.jp/archives/5178参照)。中国船に追い回されるリスクを負ってまでの出漁は見合わない。そう考えて、一部の漁船を除いて出漁を取りやめているのが現状だ。

 それにしても、中国海警局の船が領海侵入し沖縄の漁船を追尾する事例が相次いでも、「厳重に抗議する」「あってはならないこと」「断じて容認できない」と、日本政府は口先だけのパフォーマンスを見せるだけだ。強硬でもなく弱腰でもない、しなやかでしたたかな外交を築く時に来ている。石原氏が亡くなった今、あらためて考えてみる必要があるのではないか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

友寄 貞丸

投稿者記事一覧

伊江村出身。1990年から主に中国、台湾の取材執筆活動を続ける。2014年11月Uターン。著書に『雲南哀楽紀行』(愛育社)など。国境を越えても一線を越えない旅と取材を信条とする。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ