Vtuber根間ういさん、沖縄国税事務所のアンバサダー就任

 

 YouTubeのチャンネル登録者数約6万7千人、沖縄発の人気バーチャルタレント根間ういさんが、来月から始まる確定申告を前に沖縄国税事務所から今年度のアンバサダーに任命された。その発信力とネットでの活躍を期待されての就任に、記者会見で根間さんは強い意気込みを語った。

ピンクのかりゆし・帽子の正装で就任

 エイサー衣装がトレードマークの根間さん。1月14日に行われた記者会見ではピンクのかりゆしウェア、帽子姿で出席し、沖縄国税事務所の小平忠久所長からアンバサダー任命状を笑顔で受け取った。
 就任に当たり根間さんは「確定申告がスマホで簡単にできるということや、納税時に(税務署や金融機関の)窓口に行かなくても良いキャッシュレス納付の便利さをたくさん広めて、沖縄の納税者のみなさんのお役に立てるよう頑張ります」と力強く述べた。

コロナ禍だからこそ”手書き→スマホ”

 Vtuberとして時代の先端を行くイメージの強い根間さんだが、確定申告は去年まで手書きだったことを正直に”申告”。会見ではスマホ申告に初挑戦した様子が動画で紹介された。

 国税庁HP内の確定申告書等作成コーナーにアクセスして、源泉徴収票などをスマホのカメラで撮影するとすぐに自動入力できることなど、手続きにかかる時間が短縮できることなどを説明した。新型コロナの感染再拡大を受けて、申告会場が密になってしまうことを避けるという目的も紹介された。

 また、スマホやパソコンから確定申告・納税する人に対しては、口座引き落としやインターネットバンキングによるキャッシュレス納付の利用も呼びかけられた。バーチャル・スマホ・キャッスレスとコロナ禍だからこその対策やキーワードが並んだ。

申告会場は2月1日からオープンも入場整理券必要

 県内の税務署や特設会場では、こちらも密を避けるなどの目的から、例年より早く2月1日から確定申告の相談や書類の受付が始まることになっている。ネットに不慣れな人や込み入った相談などが必要な人向けに設けられているが、入場整理券が必要となり、各会場での当日配布かオンラインの事前取得が必要となる(申告書提出のみの場合は整理券不要)。

 特に3月中旬の確定申告期限間近には混雑も予想され、整理券さえ受け取れない場合も生じかねない。ネットでの確定申告利用促進が進められる中、PR役を担う根間さんも、腕の見せどころとなる。

国税庁 沖縄国税事務所ページ
国税庁 令和3年分確定申告特集ページ(スマホ申告)
根間ういちゃんねる【おきなわ部】

Print Friendly, PDF & Email

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ