沖縄振興予算2684億円 振興特別措置法10年延長へ

 

 政府は24日、2022年度の沖縄振興予算案として前年度予算比10.8%(326億円)減の2684億円を閣議決定した。使途について自治体の自由度が高い一括交付金は同22.2%(218 億5200万円)減の762億5000万円。

 また、西銘恒三郎沖縄担当相は同日の閣議後会見で、来年3 月末で期限が切れる沖縄振興特別措置法の延長期間を10年とすると発表した。5年以内に見直しを行うという。同法は政府が行う沖縄振興策の根拠となるもので、県は10年の延長を求めていた。

 沖縄振興予算をめぐっては、県が3000億円台の確保を求める中で、内閣府は8月に2998億円を概算要求。一方、財務省はさらに大幅な減額となる2043億円を提示したといい、西銘担当相が22日の大臣折衝で約2680億円までの増額を認めさせている。

 一括交付金のうち、沖縄振興に資するソフト事業を対象とする「ソフト交付金」は前年度予算比21.7%(109億2600万円)減の394億4400万円、ハード事業の「ハード交付金」は同22.9%(同)減の368億600万円。

玉城デニー知事「大変残念」

  玉城デニー知事は、来年度の沖縄振興予算案が3000億円に届かず、一括交付金が減額となったことも踏まえ「復帰50年の節目にスタートする『新たな沖縄振興』の発展につなげていく予算として、県民及び市町村、県の思いに応えるものであるとは到底考えらず、大変残念」とコメントした。

 一方、西銘担当相は「厳しい財政状況の中だが、沖縄振興を総合的・積極的に推進するための所要額を確保した」「予算を従来以上に効果的・効率的に執行し、沖縄が抱える様々な課題の解決に向けた取り組みを支援していく」とした。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ