完成間近!琉球漆器のストリートピアノ!600年の伝統を乗せて

 

 那覇市にはすでに空港国際線ターミナル内に、アーティストのアルベルト城間さんが寄贈したストリートピアノがある。新型コロナで減ってしまった人出や賑わいを取り戻すきっかけになればと贈られたものだ。今回の漆器ピアノも、置かれる場所は未定だが、那覇の街行く人たちが思わず触れて、自由に弾いてもらえる名物スポットにして地域の活性化につなげたいという思いも込められている。

漆とピアノの”黒い”関係

 漆とピアノには、いまでは当たり前になっている深い関係がある。日本にピアノが持ち込まれたのは江戸時代末期、そして作られ始めたのは明治に入ってからとされている。ヨーロッパでは材質の木目調そのものといった、さまざまな色合いのピアノがある。しかし湿気の強い気候の日本では、ピアノが傷まないようにコーティングする必要がうまれた。

 その塗料として選ばれたのが漆だった。さらに黒うるしを使ったところ生まれた高級感も好まれたり、木目調のままだと材木の組み合わせに統一感がなければ見た目がおかしくなってしまうが、黒く塗ってしまえば問題がなくなったりするなどのメリットから、黒い色がスタンダードとなり、逆に黒いピアノが海外にも波及していったという。現在は安価な化学塗料が主流だが、漆とピアノは相性が良いのだ。

費用造成でクラウドファンディングを実施

 琉球漆器の匠たちはストリートピアノ完成に向けて全力を注いでいるが、市からの補助金だけでは原材料費やコンサート開催にかかる費用などが全ては賄えず、クラウドファンディングを12月22日まで実施して、サポートを呼びかけている。またピアノの故郷になる大道保育所(旧松川保育所)の卒業生などゆかりある人たちに、まだ場所や時間など詳細は未定だが、クリスマスコンサートへの参加も声掛けされている。装いも年季の入った音も美しいピアノの音色が、師走の那覇の街を彩ってほしい。

☆琉球漆器ピアノプロジェクト
クラウドファンディングサイトLink-U(リンクユー)
https://a-port.asahi.com/okinawatimes/projects/ryukyusikkipiano/

  

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ