海底遺跡、ピラミッド、石版… 北谷に潜むミステリー

 
「線刻石板」のレプリカがあるちゃたんニライセンター

 全ての石版がきちんと確認できて、本格的な研究が進められれば、もしかするとすごい発見があるかもしれない。現存する石版のいくつかは沖縄県立博物館・美術館に収蔵されているが、北谷町のニライセンターではレプリカの石版を見ることができる。北谷で見つかったとされるこの石版には、ピラミッドを模したような三角形の物体、石積みのグスクを思わせるようなシンメトリーの構造物、そして文字と思われる記号の数々が刻まれている。さらに、他の石板には船や屋敷、宝珠に見える図柄なども見て取れる。

 実際に石板を目の当たりにすると、エジプトから琉球へ文明が伝わってきたのかもしれないという可能性は簡単に否定できなくなると思う。沖縄の守り神「シーサー」はスフィンクスが原点だと言う説もある上、北谷沖海底遺構で発見された大蛇のモニュメントに関しても、蛇が神の使いとされるエジプト文明との共通点が見出せる。
 エジプト文明期の海洋民族の技術をもってすれば、彼らが沖縄まで航海してくることは決して不可能なことではないとも考えられる。

ニライカナイはエジプトだったのか

 仮にエジプトから高度文明が船に乗って琉球までやってきたとすれば、琉球のニライカナイ信仰にも通ずる部分はある。海の向こうからやってきた、明らかに自分たちとは異質な風貌と造船技術を持ち、違う言葉を使う人たちと出会った瞬間の琉球の地元民の驚きは、とてつもなく大きいものだっただろう。

 異邦人たちが生活に関する様々な技術を伝えたことで島の生活が安定して豊かになれば、地元民が「神が降り立った!」と感じることは可能性としてあり得る。ニライカナイをはじめとする伝説や伝承は、もしかするとこのように人類の歴史上で起こった衝撃の記憶一つ一つが時代を経て誇張されていく中で、後世に神話のように伝わってきているものなのかもしれない。

 今後の北谷沖海底遺構の調査もロマンに満ち溢れ、これまでとは違う全く新しい琉球の歴史事実、そして世界の歴史に関わる発見の可能性も秘めており非常に楽しみである。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ