“地域”でサポート!コザハンドボール協会の挑戦

 

ハンド部新設の支援も

 子どもたちの“楽しい”を育み、かつ次世代の指導者育成を確固としたものにするべく2018年7月、「コザハンドボール協会」が設立された。ハンドボールの指導者やその保護者、そして活動を支援する地元企業や行政などの連携を深める狙いもある。
 神里太さんが理事長を勤め、日本代表女子チームといったトップチームの沖縄合宿、講習会の誘致や、社会人・大学生の日本協会公認審判員やコーチの資格取得の支援などを行っている。

 実際に県立美里工業高校では、コザクラブJr出身者で高校でもハンドボールをしたいという生徒がいたが、ハンドボールを指導できる教員がおらず、練習場所も校内では設けられないことからハンド部はなかった。
 しかしコザハンドボール協会が、コーチ資格を持つ指導者の派遣や校外での練習場所確保といった支援を申し出て、この新年度から部が設立された。自らも高校教員で学校現場の大変さを知る神里さんは、学校単位でなく、地域でスポーツを支える時代だと話す。

 「今までの問題点としては、(学校部活の)指導者が転勤したら、残された子どもたちは1年も経たずにチームがなくなってしまうといったことがありました。地域に指導員をつけておくと、心配なくずっと地域に指導者がいる。みんなで地域の子どもたちを支える体制をしっかり根付かせたいという思いで、若手(指導者)にも頑張ってもらいたいということを、コザハンドボール協会の目標として掲げています。共通認識は小中高と(指導者が)連携していることです」と語る。

コザハンドボール協会若手指導者による中高生への講習

 さらに、子どもたちに楽しくプレイしてもらうことも、大切にしていることだ。
 「ハンドボールを愛して楽しいから戻ってくる。そして子どもたちにケガのないようなプレーを教えるためにもしっかりとした知識で審判として勉強する。またスパルタ式にならないように無理な練習にならないようにしっかり勉強して公認コーチの資格を取る。それを身に付けて初めて大事な子どもたちを守っていく指導していくことができると思います」

 ハンドボールをまずは楽しく、そして仲間を大切に。この思いが好循環のサイクルとして地域の活性化にもつながればと話す言葉は、熱を帯びている。コザクラブJrからは国内トップリーグのJHL選手も誕生しているが、プレイヤーのみならず、指導者や審判の育成にも力を入れている「コザハンドボール協会」の”子どもたちファースト”の姿勢は、さらに注目度を増すことになるだろう。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告国場組大寛組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ