“地域”でサポート!コザハンドボール協会の挑戦

 

 「中学で全国優勝、高校で準優勝とすごく楽しい思い出ばかりです。その一番の要因はチームワークで、仲間が助け合って(コザ)高校の時には専門の先生がいなくて部員10人で始めました。練習をしっかり頑張ろうと、お互いで厳しくし合ったし励まし合いました。その仲間がいたから全国でも上位に行けたし、よく結婚式とかでみんな集まりますよね。余興とか、そういう時にも一番にかけつけてくれる。祝福してもらいたい時も、きつい場合も励ましてくれるのは仲間たち。この素晴らしさを一番に生徒たちに教えたいと思っています。大事なのは高校で部活動が終わってもうバラバラではなくてそのあとにもっと大人になって厳しいことが待っている。それを助け合えること。(教え子)みんなの人生に自分自身も関わっていきたいから、そういう意味でもずっと繋がりをもっていようねということを伝えているつもりです」 

受け継がれる体験と情熱

 現在、県内の小中高校のハンドボールでは、浦添市出身選手やチームの活躍が目覚ましい。神里さんら沖縄市の指導者たちも浦添の取り組みを学ぼうと”コザクラブJr”をはじめ小学生チームを立ち上げ、「中頭地区小学生大会」を開催。さらに地元中学、高校の指導者とも連携をとりながら地域ぐるみでの強化を図ってきた。その結果、2018年には美東中学校女子が春の全国選手権で初優勝を果たしたのを始め、九州や県内大会でも上位争いのできるチームが育ってきている。

 この強化との両輪が、“教え子たちが戻ってくる”環境づくりだ。小学生大会で審判を務めたのは、自分たちも小学生の時にこの大会に出場していたOBたちで、日本ハンドボール協会の公認審判員のライセンスを取得したメンバーだ。そのうちの2人に話を聞いた。

 神里大会委員長の息子で現在はパーソナルジムのトレーナーを務め、いまも社会人チームでプレーする26歳の神里昂大(かみざと こうだい)さんは、ハンドボールを楽しませてもらっている恩返しを語る。
 「勝ちを目指すこともそうなんですけど、僕らは楽しく練習に取り組んで、厳しいと感じた時もみんなで雰囲気を盛り上げていかに楽しくやるかということで考えてやって、それで結果もついてきました。伝えると言ったら大げさですが、(社会人の)自分たちがちょっとずつ関わっていければハンドボールを楽しくやってくれる人たちが増えるのではないかなと」

 24歳の平良圭(たいら けい)さんは建設会社の営業職の傍ら、後輩の育成をサポートしている。ハンドボールが大好きだという気持ちは社会人の今も変わず、一生懸命熱中できることを子どもたちにも大切にしてもらいたいと考えている。
 「必ず結果がついてきた訳でもないし、優勝した経験もそこまでないのですが、いろいろな人と関わることができて、今でもそうです。交流の場というか、交友関係が広がったのが(ハンドボールを)やってきて一番良かったと思うところです」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ