浦添市長選いよいよ投開票日 各候補が前日に打ち上げ式

 

 任期満了に伴う浦添市長選が7日に投開票される。3期目を目指す現職の松本哲治氏(53)=無所属、自民、公明推薦=と、前市議で新人の伊礼悠記氏(38)=無所属=の両陣営はそれぞれ6日午後4時から、市内で打ち上げ式を行った。

松本氏「分断されずに心を一つに」

 大平交差点で打ち上げ式を行った松本氏は、シンボルカラである黄緑のスニーカー姿で登場。交差点沿道を埋め尽くした支持者の歓声で迎えられた。選挙戦を巡る誹謗中傷に「こんな私でもだいぶ傷ついた」としながらも支援者のおかげで奮起し続けられたことに「沖縄一の幸せ者です」と礼を述べた。「浦添市の未来は決して平坦な道ではないでしょう。私たちが分断されずに心を一つに出来る時、浦添市が沖縄を作っていく先頭バッターになれる」と声を張り上げ訴えた。

伊礼氏「暮らしと命を守る政治を必ず実現」

 伊礼氏は市経塚のサンエー経塚シティで打ち上げ式を行った。集まった支援者の中には、伊礼氏と同世代とみられる女性や子連れの親子の姿が多くみられたのが印象的だった。沿道には「美ら海に軍港いらない」と大きな文字で書かれたパネルが並ぶ。マイクを握った伊礼氏は軍港建設の中止を訴えながら「暮らしと命を守る政治を必ず実現する」と繰り返し強調。「目の前の暮らしと、子どもたちの生きる未来への1票を私に託してほしい」と呼びかけた。

有権者9万人の審判やいかに

 主な争点は那覇軍港の浦添移設の是非、西海岸開発や米軍キャンプ・キンザー跡地利用、そして新型コロナウイルスへの対応策だ。市の選挙人名簿登録者数は90,964人(男性43,552人、女性47,412人)。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組前田鶏卵琉球海運_広告

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ