ボリビアで「ミス・オキナワ」選出大会、元ミス熱田さん「オキナワ村知ってほしい」

 

 沖縄県の観光振興を目的に国内外で観光親善使節として活動する「ミス沖縄」が存在する中、南米のボリビアには「ミス・オキナワ」がいると話題になっている。選出大会の開催地は、サンタクルス州にある沖縄移住地「コロニア・オキナワ」、通称オキナワ村。ボリビア政府から正式な行政区として認められ、沖縄以外でオキナワの名称を持つ唯一の行政区でサンタクルス州と沖縄県は姉妹都市にあたる。村の人口およそ1万2千人のうち、県系人はわずか8%の中で、過去に2人の県系人が栄冠に輝いた。

栄冠に輝いた2人の県系人

新垣さん(左)、熱田さん(右)

 県系人として初のミス・オキナワとなったのは、新垣聖子さん(当時23歳、2014年)。中城村からボリビアに移民した父とボリビア人の母を持つ2世。オキナワ村で議員として働く母から大会への参加を促され、出場を決めた。沖縄にルーツを持つオキナワ村在住者らは、初の県系人ミスの誕生に喜び、「聖子がミスになった。初めてのミスだ」と瞬く間に村内で広まり、その話で持ちきりだった。

 聖子さんの2年後は、ミス・オキナワに選ばれたのは、熱田仁奈さん(当時21歳、2016年)。父方の祖父は南城市(旧大里村)、母方の祖父は伊江村出身の3世。青年女子のリーダー的存在で、2015年に沖縄県のジュニアスタディーツアー事業に参加した経験もある。幅広い交流関係をもち、ミスコンでは応援団が会場を盛り上げた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ