「3密」避けスマート申告納税 モバイルプリンスが大使に

 

「使えない人への配慮も」

 10月15日、ネット上などでの申告手段を周知する「スマート申告納税大使」の任命式が那覇市旭町の沖縄国税事務所で開かれた。大使に任命されたモバイルプリンスの島袋コウさんは、デジタルツールを使った申告手続きの利便性に言及しながら、広報活動への意欲を見せた。

スマート申告納税大使に任命されたモバイルプリンス

 一方で「デジタル機器を使いこなせないお年寄りや、そもそも所有していない人などにもきちんと利用してもらえるような環境作りも大切。そういった人たちをおきざりにしてはいけない」と高齢者やネット環境が整っていない人たちについて配慮の必要性も強調。「そうした人たちも含めて、ネットを利用した申告納税についての全体的なスキルの向上に役立ちたい」と決意を語った。さらに、行政手続きのデジタル化について「情報流出や個人情報が行政機関に集中することのリスクにも留意しておく必要がある。利便性向上と行政の透明化はセットで考えなければならず、こうした部分の架け橋として役割も果たしていきたい」と意気込んだ。

 沖縄国税事務所・国税広報広聴官の粟國純次さんによると、県内のデジタルでの申告手続き利用率は年々増加しており、個人だけでなく法人の割合もかなり高い状況になってきたという。しかし、実感としては「まだまだ」で、「デジタル化の推進はこれまでも取り組んできたが、コロナ禍での『密』防止の意味も重ねて、さらに推し進めていきたい。モバイルプリンスの大使としての活躍にも非常に期待している」と話した。

任命式で沖縄国税事務所の職員と記念撮影するモバイルプリンス(前列中央)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  2.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  4.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  5.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ