TV番組で沖縄−台湾・アジアを結ぶ

 

――本作りは大変ですからね。沖縄でのアナウンサーやリポーターを経て台湾に活動の舞台を移した訳ですが、どんな番組を手掛けていたんですか。

「沖縄は台湾やアジアの風景に連なり、なんの違和感もなく過ごすことができました。金曜の最終便に飛び乗り、月曜の始発便で戻ることを続けていましたが、本を執筆したのを機に『住んじゃえ!』と移り住むようになりました。高雄国際マラソン、沖縄の企業と台湾の企業を結ぶ県主催商談会、泡盛普及イベント、沖縄と台湾の生産者が出品するコーヒー交流、沖縄ナイト、経済分野の連携強化を推進する覚書(MOU)の締結式……沖縄と台湾が関係するイベントを琉球朝日放送(QAB)の夕方のニュース番組「QAB・Qプラス」の枠内で放送しています。現在は台湾の様々なニュースを紹介する『わんさか台湾』のコーナーで発信中です」

体を張ってのリポート

――台湾のイベント、レジャー、ビジネスものからグルメ情報まで幅広くて、確かにわんさかてんこ盛りですね。

「楽しんで取り組めました。同じQABで『旬感アジア』というコーナーも楽しくて、もう一度やりたいくらいです。照明も音声もカメラも同行せず、スマホで自撮りしてしゃべる中継スタイルです。写真は台湾でのものですが、台湾国内のみならずベトナム、フィリピン、遠くはトルコ、イスラエルまで足を延ばしてリポートしました。イスラエルはアジアの西の果てという位置づけですからね」

――死海に浮かんでいて楽しそうな写真ですね。体を張ってリポートしている気がします。持ち前のフットワークの軽さを生かし、スマホ一本で世界の各地からリポートできるなんていいですね。ところで、海外番組の販売や海外向け番組の企画・制作を手掛けているそうですね。

「はい、沖縄の企業や自治体がプロモーションのため、例えば台湾のテレビ番組で取り上げてもらうためにテレビ局に働きかけたり、フォロワーの多い俳優やタレントを招へいして番組に出演を依頼するといったことをしています」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  2.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  4.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  5.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ