米軍、オスプレイの飛行停止発表 沖縄県「引き続き対応注視」

 
(沖縄県庁)

 米軍がオスプレイの飛行停止を発表したとの報道を受け、沖縄県の玉城デニー知事は7日、記者団に対して「沖縄防衛局に確認しところ、米空軍は日本時間7日にCV22オスプレイの運用停止を指示した旨を発表、米海軍と海兵隊は、米空軍の決定を受けて全オスプレイの運用停止措置を発表し、防衛省は詳細を確認中で、米軍と緊密に連携して対応していくとの回答が本日午前10時半ごろあった」と語った。

 また、玉城知事は「県はこれまで、事故原因が究明されるまでの間は、オスプレイの飛行の停止を求めている。米軍によるオスプレイ飛行停止の措置は、県の求めの一部が受け入れられたと受け止めている。引き続き、米軍の対応を注視しながら適切に対応していきたい」と述べた。

 

 事故から飛行停止まで約1週間かかったことについては「若干タイムラグがあったと思うが、県の要請の一部が受け入れられたことは、県民にとって、その生命財産をあずかる県庁としても良かったのではないか」と指摘した。

 一方、「われわれは、元々、オスプレイの配備には反対」とも強調。「本来であれば、危険極まりない機体であるという厳しい評価のオスプレイは、住民の生命財産に危険が及ばないところで運用するのであれば、そこに移駐すべきであると考えている。そういうことも引き続き求めていきたい」と語った。

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ