サトウキビの生産振興へ協力を要請

 
照屋副知事(左から3人目)に要請書を手渡す農業関係団体などのメンバー=14日、沖縄県庁

 沖縄県で重要な農産物であるサトウキビについて14日、農業関係団体などのメンバーが県庁を訪れて照屋義実副知事と面談し、生産の振興に向けた協力を求めた。

 メンバーらは照屋副知事に要請文を提出。この中で、サトウキビは小規模・零細な農家が多いこと、燃油価格の高騰や円安などで生産資材価格が高騰し、農業経営を圧迫していることなどを訴えた。

 政府は、近くサトウキビ農家への交付金を決定する。面談で農業関係団体のメンバーらは、交付金や生産支援などを国に要望する際、県が後押しするよう求めた。

 また、製糖工場の老朽化対策や、「沖縄黒糖」を販売する環境の整備に向けても協力を要請した。

 これに対し、照屋副知事は「かなり経済環境が変わってきている。それを踏まえながらポイントを押さえた要請を(国に)していかなければならないと思っている」と述べた。

 サトウキビ農家への交付金は、これまで3年連続で据え置きとなっている。この交付金は、販売価格と国内農家の生産コストの差額を支援する制度のため、砂糖の海外相場が上昇している現状では、政府が交付金決定で厳しい判断をする可能性もあるという。

 ただ、生産資材価格の高騰でコストも上がっていることから、農業団体は交付金の引き上げを求める。また、政府による予算措置で対応可能な生産支援もあり、関係者は「そこの支援策もしっかり確保していきたい」と強調した。

 面談後、JA沖縄中央会の嵩原義信代表理事専務は「サトウキビを継続して生産できる環境作り、増産に向けた支援策、交付金水準の維持を勝ち取りたい」と語った。

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ