沖縄言葉を“聴く”アプリ初登場 日常会話でクスッと楽しく

 

 世界中で約2500の言語が消滅の危機に瀕し、琉球諸語もその危険性が叫ばれる中、しまくとぅばやウチナーヤマトグチなど「沖縄の言葉」を音声で案内するスマートフォンアプリ「沖縄方言音ブック」iOS版が5月にリリースされている。音声案内が付いた同様のアプリは初めて。実生活で耳にするようなクスっと笑える使用例も収録、県民の他、沖縄好きの人をターゲットにダウンロード数を徐々に伸ばし始め、キーワード「沖縄」でアプリ検索すると上位5番目以内に表示されるようになった。

 発起人で企画運営するHanagasa Records代表の金城卓さんは「楽しみながら沖縄について学ぶ入口になれば」と話している。

“等身大”の言葉が並ぶエンタメコンテンツ

 琉球諸語を学術的に体系付けたのではなく、あくまで「沖縄の若い人が日常で使っている“等身大”の言葉」を紹介するエンタメコンテンツという位置づけだ。

 もともとミュージシャンでもあり、アーティストのプロデュースも手掛けている金城さん。当初は、三線の音や波の音、沖縄音楽を取り入れた効果音などを収録、配布するアプリのリリースを考えていたという。「音声コンテンツ」と「沖縄文化」の双方を融合させた方向性でエンジニアらと製品開発を進めるうちに「沖縄の言葉を音声で紹介するアプリがない」という点に着目し、方向転換した。

 音声の他に、簡単なアニメーションなど、スマホ端末の特性を活かしたアプリ構成だ。

 デザインは沖縄の空や海をイメージさせる青を基調に、グルクン(県魚。和名タカサゴ)やヤンバルクイナ、赤瓦のイラストを散りばめ、沖縄の雰囲気ごと感じてもらえるような工夫がされている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  2.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  4.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  5.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ