【詳報】キングスに新たな壁 初ファイナルは2連敗で準優勝

 
ダンクを叩き込むキングスのジャック・クーリー=5月29日、東京体育館(©B.LEAGUE)

 プロバスケットボールBリーグ1部の2021-22シーズンファイナル第2戦が5月29日、東京体育館で行われ、琉球ゴールデンキングス(西地区1位)が宇都宮ブレックス(東地区4位)に75-82で敗れた。宇都宮は5年ぶり2度目の優勝。キングスは初のファイナルを2連敗で終え、準優勝となった。

 チャンピオンシップ(CS)MVPには宇都宮の比江島慎が輝いた。第2戦の観客数は6,874人。第1戦に続き、キングスの並里成、宇都宮の喜多川修平は「コンディション不良」のため欠場した。

スリーの確率上がらず

 キングスは試合開始からインサイドアウトでフリーのスリーポイントを多く放つが、前半は19分の4(21.1%)と確率が上がらない。ビッグマンにダブルチームを仕掛けるなど、インサイドを徹底して守る宇都宮のディフェンスを崩せずに外から打たざるを得ない場面も目立った。一方、アレン・ダーラムや岸本隆一のドライブは効果的に決まり、ジャック・クーリーがゴール下で主導権を握ってなんとか付いていく展開となった。

 守りでは高さや幅のある日本人選手が多い宇都宮に、岸本やコー・フリッピンのポジションのミスマッチを突かれ、ゴール下を中心に得点を許した。

 第2Q終了間際に今村佳太のスリーポイントでなんとか一桁得点差に縮めたが、30-38と劣勢で前半を折り返した。

第3Q終盤に初のリード エバンスがけん引

 ハーフタイム中、桶谷大HCはこう指示を出した。

 「前半の終わりに隆一がいいドライブをして、そこから流れができていたので、まわりの選手が合わせましょう。あとダーラムのポジションもイニシアチブが取れていたので、共通理解を持って攻めよう」

ゴール下でシュートを放つドウェイン・エバンス(©B.LEAGUE)

 ドライブを中心にインサイドを攻める役割を担ったのは、ドウェイン・エバンス。第3Qで流れを掴む。

 ゾーンとマンツーを組み合わせて中を固めるマッチアップゾーンや、局所的に各選手の強みをダブルチームで潰しにくる宇都宮に対し、エバンスが個で打開する。さらに岸本やコー・フリッピンのドライブに合わせるなどしてこのクオーターだけで12得点を挙げ、残り1分29秒で初のリードを奪う原動力となった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ