【速報】キングス準優勝、2連敗で初のファイナル終える 第2戦、宇都宮に75-82

 

 プロバスケットボールBリーグ1部の2021-22シーズンファイナル第2戦が29日、東京体育館で行われ、琉球ゴールデンキングス(西地区1位)は宇都宮ブレックス(東地区4位)に75-82で敗れた。宇都宮は5年ぶり2度目の優勝。キングスは初のファイナルを2連敗で終え、準優勝となった。チャンピオンシップMVPには宇都宮の比江島慎が輝いた。6,874人が来場した。

スリーの確率上がらず

 キングスは試合開始からインサイドアウトでフリーのスリーポイントを多く放つが、前半は19分の4(21.1%)と確率が上がらない。ビッグマンにダブルチームを仕掛けるなど、インサイドを徹底して守る宇都宮のディフェンスを崩せずに外から打たざるを得ない場面も目立った。

 守りでは日本人に高さや幅のある選手が多い宇都宮に、岸本隆一やコー・フリッピンのポジションでミスマッチを突かれ、ゴール下を中心に得点を許す。宇都宮は前半でターンオーバーがゼロと安定感を維持した。

 第2Q終了間際に今村佳太のスリーポイントでなんとか一桁得点差に縮めたが、30-38と劣勢で前半を折り返した。

最終第4Q 猛追及ばず

 第3Qに入るとドウェイン・エバンスがドライブから得点を挙げ、このクオーターだけで12得点。残り1分29秒で54-52とこの試合初のリードを奪った。

 しかし第4Qに入ると渡邉裕規のスリーやミドルで点差を離され、前日の第1戦と同様に終盤で宇都宮にペースを握られる。残り約4分で10点差を付けられた。

 諦めないキングスはここから猛追を見せる。岸本のスリーやアレン・ダーラムのバスケットカウントワンスローで残り2分22秒で2点差まで詰め寄る。

 再び6点差を付けられたが、フリッピンと今村の連続スリーで1分を切ってまたも2点差に。ここで宇都宮の比江島慎がバスケットカウントワンスローを決めて5点差。最後はフリッピンのパスミスや、今村のスリーがブロックさせるなど決め手を欠き、逆転には至らなかった。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ