85歳の挑戦 地域に愛された中華店、資金募り復活へ始動

 
クラウドファンディングでの支援を呼びかける仲本兼和さん(右)と、活動を支える仲本武史さん=5月10日、沖縄市中央の中央パークアベニュー

 昨年11月、地域に惜しまれながら閉店した沖縄市中央のパルミラ通りにあった中華料理店「北京亭」を復活させようと、店主・仲本兼和さん(85)とその支援者がクラウドファンディングを行なっている。

 中の町で営んでいた前身の「李白亭」などを含め、沖縄市内で40年以上に渡り「町の中華屋さん」を営んできた仲本さんは「体力が続く限りやりたい」と再びのスタートを決意した。本格中華を学んだ仲本さんのこだわりの味にファンは多い。地元に愛された「地域の味」を守り、継承していくための試みが進行中だ。

5月中に100万円目標 夏場のオープン目指す

 資金集めはクラウドファンディング専用サイト「キャンプファイヤー」を活用する。目標は5月31日までに100万円。今年夏場までに沖縄市中央の中央パークアベニューにある物件で新店舗オープンを目指している。

高い人気を誇った北京亭の餃子

 100万円の使い道は新店舗の契約や改装、人気の高い餃子作りに必要な厨房機器を揃える費用などに充てる。100万円が達成できれば、その後も200万円、300万円と新たな目標を設定し、その度に新たな厨房機器を揃えて提供できるメニューを増やしていく予定だ。

 北京亭のロゴが入ったステッカーやTシャツ、マグカップなどの他、プレオープン期間の入場券などを返礼品として用意している。

ブラジルで出合った本格中華に感動

 1938年に嘉手納町で生まれた仲本さん。沖縄戦の混乱を経て、1945年の終戦後は沖縄市越来にいた祖母に引き取られた。中部農林高校で農業を学び、1959年に青年開発隊としてブラジルに入植。トマトやナスを作って生計を立てていた。そこで運命の出合いが訪れる。

 「サンパウロに大きな市場があって、そこの仲買人に野菜を買い取ってもらっていた。お金を受け取りに行く時は、決まって街にある中華料理を食べに行った。初めて食べた時、『こんなに美味しいものがあるのか』って驚いたよ」

 中国系の人が営む店の本格中華に感動し、通い詰めた。10年間ブラジルで農業に従事した後、1969年に帰国。「あの味」が忘れられず、神奈川県にある中華料理店で腕を磨き、1972年の沖縄本土復帰後に故郷に戻って沖縄市内で自身の店を構えた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ