台湾・和平島の「琉球漁民慰霊碑」国民党に撃ち殺された琉球人

 

 1905年頃、沖縄から主に漁民らが移住しはじめ、最盛期には560人が住む台湾最大の琉球人集落・琉球埔があった島がある。和平島だ。この島にある公園には「琉球漁民慰霊碑(琉球ウミンチュの像)」が佇んでいる。公園では、島に暮らした琉球人に思いを寄せて、沖縄物産展が開かれている。

台湾本島に一番近い離島・和平島

 和平島は台湾北部玄関口・基隆港東北側に突き出している島で、3つの小島から形成される。台湾本島に一番近い離島であり、全長100mほどの和平橋で行き来できる。元々は原住民のケタガラン(凱達格蘭)族が暮らしており、漢民族が基隆で最初に住み着いた場所でもある。

台湾と先島諸島
写真中央上部の島が和平島

 大航海時代、ヨーロッパ諸国が貿易による利益を求めるため、アジア進出をはかったとき、スペイン人が台湾に上陸した最初の地でもあり、歴史的な転換期の舞台でもある。

 1626年、スペイン人は島にサン・サルバドル城を建て、台湾北部を中心に植民地統治を開始し、1642年まで続いた。

 ところが、中国の明が衰退して清が台頭すると、明が台湾を占拠して清への反攻拠点にするため、ヨーロッパ勢を追い払ったが、のちに清に降伏。清は台湾を福建省の統治下に編入した。しかし、清は台湾を「化外の地」、こちらに住む人々を「化外の民」と呼び、台湾への統治には消極的だった。1894年、清は日清戦争で日本に敗れ、下関条約を締結し、台湾を日本に割譲。1895年より、日本の統治下に入り、1945年の日本の敗戦まで続く。

島に溶け込んでいた沖縄漁民

 台湾の日本統治時代に島は「社寮島」と呼ばれていた。沖縄から移民した漁民たちは、漁業全般の技術を現地の住民に伝授し、ともに仲良く暮らした。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ