巨岩にトンネルに偉人… 意外と知らない「北谷グスク」を巡る歴史

 
「北谷長老」が祀られた「長老山」にある慰霊塔

町民に愛され泡盛にもなった「長老」

 北谷グスク南の城下には、「北谷三箇」と呼ばれ豊かな農作地である「北谷」「玉代勢」「伝道」の集落が広がっていた。現在は米軍基地キャンプフォスター内にある地区だ。

 15世紀ごろ、玉代勢集落出身で「北谷長老」として人々から広く慕われた人物で「南陽紹弘禅師(なんようしょうこうぜんし)」という人がいた。琉球に臨済宗妙心寺派を初めてもたらした人物とも言われている。北谷長老は幼い頃から異才を放ち、13歳で出家、19歳で日本に渡り、陸奥国松島のお寺で修行を積んだ。
 琉球に戻った後、首里で王府管轄の建善寺の住職となるも、後年は故郷北谷の地で「樹昌寺」という寺を建て布教活動したという。

 人々への法施がとても丁寧で、病気の人を救い、田畑の不作や害虫被害も解決し、村々の人から仏のように崇められていた。首里への往来には、足元の虫やあらゆる生き物を踏んでしまわぬように注意して歩くため、普通の人の数倍かかったという逸話も残る。
 そんな北谷長老が惜しまれながら葬られた場所が「長老山」であり、現在もキャンプフォスターの中に祀られている。

 北谷長老以降の樹昌寺の住職たちも葬られていたという長老山は、フェンスで隔てられている現在でも、地元の人の心の拠り所となっている。その樹昌寺は今では場所を北谷町大村に移し、立派な樹昌院として受け継がれている。

 北谷町の「北谷長老酒造所」「北谷長老」という銘柄の泡盛を作っていることからも、地元の人にどれほど愛されている人物なのかが分かるだろう。

泡盛「北谷長老」は県外にもファンが多い

 北谷にはかつて、立派なグスクが聳えたち、農作に栄える城下町を有していた過去があった。次に北谷を訪れる機会があれば、このような歴史を頭に思い浮かべながら歩いて見てもらいたい。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ