沖縄の球団チア、プロデュースは海外でも活躍するこの人!(下)

 
4人組ダンスグループ「b-way」時代の吉田さん(後列中央)

ぎぼっくす:どうして台湾を選んだんですか? 

吉田さん:日本から近いからです。僕飛行機が苦手なんで飛行時間の短い台湾を選びました。 本当にただそれだけの理由なんです(笑)  アメリカには札幌で知り合った、マイケル・ジャクソンの振付師など知り合いがたくさんいました。 アメリカに渡ってたら、もしかするとマイケル・ジャクソンと仕事をしていたかもしれません(笑) 

札幌で知り合ったマイケル・ジャクソンの振付師、ジェフリー・ダニエルさんと

ぎぼっくす:でもそれよりも・・・? 

吉田さん:飛行機が怖かった(笑) 僕も若かったですね(笑) 

ぎぼっくす:台湾ではどのような活動をしていましたか? 

吉田さん:まずは台湾の各都市でダンスレッスンを始めました。スカウトしてくれた台湾の先生が年配の方でして、台湾が日本統治だった時代の教育を受けていたので日本語を話せたんです。そのおかげでコミュニケーションが密に取れて、色んな方たちがレッスンを受けてくれました。 
 そんな中で台湾の芸能界からも声がかかるようになりました。つんく♂さんプロデュースのアイドル「太陽とシスコムーン」のメンバーとして日本で活動していたRuRuや、ブラックビスケッツのメンバーとして活動していたビビアン・スーの振り付けを担当したりしていました。 

台湾で活動していたころの吉田さん

ぎぼっくす:台湾は親日国と聞きますが、生活してどのように感じましたか? 

吉田さん:本当に親日国ですね。日本統治時代に日本兵として戦っていたおじいさんが当時はまだいっぱい健在で、僕が日本人と分かるととても喜んで当時の話をしてくれました。当時の日本は台湾を大事な日本国の一部として考えていたそうで、インフラ整備や大学設置などで台湾を発展させていたそうです。なので日本人の事、みんな好きでしたね。台湾には1996年から2005年までいましたが、とても生活しやすかったです。 

ぎぼっくす:そうなんですね!その後はどうされたんですか? 

吉田さん:地元の札幌に戻って両親と半年間暮らしてました。日本語を忘れてしまっていたので、日本語のリハビリです(笑) 台湾の次は沖縄に行くと決めていたので2005年に移住しました。 

沖縄で吉田さんが見据えるのは…

ぎぼっくす:なぜ次なる拠点が沖縄だったのでしょうか?

吉田さん台湾で活動している時に「沖縄アクターズスクール」から声をかけてもらって、沖縄で1、2か月くらい子どもたちにダンスを教えていました。その時に沖縄の子たちのダンス技術や人間としての魅力に惹かれたんです。沖縄の子は凄いなと感動しまして、台湾でバリバリ活動している時でしたけど、その時から次は沖縄だって決めてました。

ぎぼっくす:沖縄とダンスの可能性には、どのようなものがあるとお考えですか?

吉田さん:自由な発想で様々なジャンルのダンスが広まる事で芸能の島沖縄のネクストジェネレーションが確立できると思っています。沖縄がアジアに於けるダンス文化の発信源になる事で新たな形のインバウンドに寄与できると考えます。

ぎぼっくす:最後に吉田さんの今後の目標を教えてください。

吉田さん:今行ってる活動を若手の子たちに引き継いでいきたいと思っているので、若手の人材の育成をしながらも、もっと色んな場で人々を笑顔にするエンターテインメントを作っていきたいですね。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

ぎぼっくす

投稿者記事一覧

演芸集団FEC所属のスポーツ大好きピン芸人。卓球台を使ってヘディングでボールを打ち合う競技「へディス」の現役九州チャンピオンで、国内ランキング7位(2021年8月現在)。
小中高と12年間サッカー部に所属。県内紙などでサッカーコラムも執筆する。ヘディングの特技を認められテレビ朝日「タモリ倶楽部」への出演も。那覇市首里出身。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ