都市対抗野球 沖縄県予選② 蘇ったチャレンジ精神

 
同点打の沖縄電力・金城秀一郎選手が逆転のホームを踏みベンチに戻る


 第92回都市対抗野球大会沖縄県予選の敗者復活戦が22日、セルラースタジアム那覇で行われ、沖縄電力はシンバネットワークアーマンズベースボールクラブ(以後シンバ)を2−1で破り、絶対王者の意地を見せて沖縄県の第2代表権を獲得した。 

「代表権がとれたのは収穫」

 先制したのは、シンバ。4回表、先頭打者の桃原康選手が右安打で出塁すると、住本将基選手の左2塁打でチャンスを広げ、与那覇廉選手の内野ゴロ間に先制した。一方、沖縄電力は、シンバの先発、又吉亮文投手に翻弄され、要所で三振を奪われるなど5回まで無得点、つけいる隙もなかった。

シンバ・与那覇選手の内野間ゴロで先制

 ところが、グラウンド整備明けの6回、沖縄電力は小濱佑人選手が左安打で出塁すると、金城秀一郎選手の適時3塁打で同点に追いつき、代打の渡慶次道彦選手の左適時打で一気に勝ち越した。そして、6回からリリーフした松川竜之丞投手は無安打の好投、沖縄電力は1点差を守り切った。

沖縄電力ルーキー・古波蔵投手が1失点の粘りの投球

 試合後、沖縄電力の古謝景義監督の口からは「納得いくような内容ではない大会だった。ただ、代表権がとれたのは収穫」。と、まるで敗戦監督のような言葉がこぼれた。「僕らは追われる立場、それを跳ね返す力がない。守りに入ってしまう。向かっていく姿勢を見せないといけない」と、反省の言葉が続いた。

互いに切磋琢磨して


 長年、沖縄の社会人野球をトップで引っ張ってきた沖縄電力。そこに追いつけ、追い越せとどのチームも牙をむいてくる。それでも勝ち続けてきたチームが、今回の大会は初戦でエナジックに0−1で敗れている。

 この日、同点打を放った金城秀一郎選手は「初戦に結果が出せずふがいなかった。相手にワンチャンスをモノにされ、僕らが詰め切れず、流れを自分たちへと変えられなかった」と初戦を振り返った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ