2021沖縄の災害を振り返る(上)「全国初」の情報が2つも

 

 2021年が終わり、2022年が幕を明けた。昨年も各地でさまざまな災害が発生した。例年必ず発生する台風や大雨による災害の他に、新型コロナウイルスの影響や地震、そして現在も続く軽石漂着など、2021年に沖縄県内で発生した主な災害を2回に分けて振り返る。

 なおこの記事では、気象庁や関連する省庁、また各種の報道や研究機関が発表した災害に関する情報を参照している。

「全国初」の情報が2つも

 気象庁は、例年新たな気象情報の提供を開始している。その中で昨年から開始された「顕著な大雨に関する情報」と、同じく昨年から全国での運用が始まった「熱中症警戒アラート」に関して、沖縄での発表が全国初となった。

【顕著な大雨に関する情報】

「顕著な大雨に関する情報」は2021年6月17日に運用が開始された。開始後の6月29日02:49に、沖縄気象台が「顕著な大雨に関する沖縄本島地方気象情報(第1号)」を発表し、全国で初めての発表例となった。

 この情報は、非常に激しい雨が降り、災害発生の危険度の高まった場合に発表される情報で、もし発表された場合には、市町村が発表する避難の情報を確認し、適切な避難行動を取ること、とされている。夏になると、よく入道雲が発生して急な大雨が降ったり、落雷や竜巻などの激しい突風が起こるが、これが数時間に渡って続く状況を思い浮かべると分かりやすい。

【熱中症警戒アラート】

 もう一点は、昨年から全国での運用が開始された「熱中症警戒アラート」。こちらは2020年に関東甲信地方の1都8県で試行が行われ、その後検証を経て、昨年4月28日に全国での運用が始まった。こちらは5月11日17:00に「八重山地方熱中症警戒アラート(第1号)」が全国運用後初の情報として発表された。

 なお、夕方に熱中症警戒アラートが発表されるのは不思議かもしれないが、これは熱中症の危険性が極めて高いと予測される場合に前日17時と当日の朝5時に発表する、という運用のためで、この時も翌日12日05:00にアラートの第2号が発表されている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ