ゼロエミッション宣言どう実現? 沖縄電力トップに直撃

 

――石炭火力はバックアップ電源としては残るのでしょうか。

本永 2030年から2050年にかけては、具志川、金武の石炭火力発電所が運転開始から40年を超えてくるので、新しい発電機に置き換える必要が出てきます。また、再エネの比率を高めていく中でも、石炭火力は調整力としてやはり不可欠な電源ですので、そこも踏まえたゼロエミッションに移行していきたいと考えています。

 先ほどのアンモニアや水素の混焼の他に、石炭火力の新しい技術として、石炭をガス化して、ガスタービン、蒸気タービン、燃料電池を組み合わせて複合発電を行う発電方式(IGFC)もあります。そういった技術の動向も踏まえながら、それが沖縄にも導入が可能なのか、さらにはアンモニアや水素の混焼がどこまで実現できるのか。2050年までの過程で検証しながら沖縄に導入していきたいと思っています。

 いずれもチャレンジすることに、やり甲斐はありますが、一方で、ハードルも高く、コストダウンも図らなければなりません。ただ、ゼロエミッションの実現は、業界をあげて目指していることです。イノベーションを重ねながら、乗り遅れないようにしっかり進めていきたいと思います。

もとなが・ひろゆき
1963年生まれ。那覇市出身。88年慶大経済学部卒、沖縄電力入社。2013年取締役総務部長、15年代表取締役副社長、19年から現職。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

森 創一郎

投稿者記事一覧

1972年生まれ。東京出身。出版社、雑誌社、地方放送局勤務を経て2020年7月に独立。主に経済、交通分野で執筆活動を続けている。私生活では山を愛し、時間をみつけては登山に勤しむ。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ