平均白化率が92.8% 石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」

 
調査地点S26のサンゴ礁。白いものが多く確認できる(環境省の発表資料より)

 環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9月下旬に調査した結果、全31調査地点の平均白化率が92.8%に上ったことを発表した。夏季の高水温が原因とされる大規模な白化現象が起きた2016年に次ぐ高さという。白化率の内訳では、完全に白化している状態の「白化」と「死亡」が合わせて5割に達した。

 今回の調査は今年9月24日から29日まで実施。石垣島、竹富島、小浜島、西表島、黒島、新城島周辺海域に50メートル四方の調査地点を31カ所設定し、スポットチェック法(15分間のスノーケリングを行い、被度や白化率等を目視観察する方法)を用いて調べた。

17.7%が「死亡」 健全は7.2%のみ

調査を実施した各地点。右上の島が石垣島で、左上の島が西表島(環境省の発表資料より)

 平均白化率92.8%のうち、群体全体が白化により死亡した状態が前年比15.7ポイント増の17.7%に上り、完全に白化している状態も29.3ポイント増の32.3%と高い割合を示した。一方で、白化していない「健全」は12.3ポイント減の7.2%にとどまった。

 一部白化・一部死亡、全体的に色が薄い状態の「薄色」は32.7ポイント減の42.7%だった。

 全体の平均白化率は2016年の97.0%に次いで高く、発表では「例年9月の白化率が比較的低い値となる調査地点においても、2022年9月の本調査時には高い値となるなど、2017年以降の数年間よりも顕著に白化現象が進行しており、全体的に白化率が高かった」とまとめた。

 着生可能な海底面の範囲のうち、生きているサンゴ群体が占める範囲の割合を示す「被度」も前年比4.6ポイント減の21.6%となった。2016年以降は毎年緩やかに回復を続けていたが、5年ぶりに低下した。ただ、被度の低下要因は必ずしも白化現象のみではなく、9月に襲来した台風11号、12号による海中の撹乱なども影響している可能性があるという。

夏季の高水温が影響か

調査地点S3のサンゴ礁(環境省の発表資料より)

 白化が進んだのは、2016年と同様に高水温が原因と見られる。気象庁のデータによると、石西礁湖海域の海面水温は7月21日から9月4日まで連続で30度を超えていた。

 「薄色」と「白化」に分類された群体は今後回復または死亡すると見られることから、環境省は今後も追跡調査を行い、「これまでに発生した大規模白化現象との比較を行い、今夏に発生した大規模白化現象の影響把握等に努める」としている。

 環境省は石西礁湖の自然再生事業を2006年から実施しており、2016年からは毎年スポットチェック法による調査を行っている。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ