【②辺野古社交街】 アメリカ世 名残探訪 After1945

 

 沖縄戦終結から日本復帰までの米軍統治下の沖縄「アメリカ世」。この歴史が今に影響を残した場所や物などを巡る企画です。
 第2回は名護市の辺野古社交街。米軍普天間基地の移設予定地としての印象が強い「辺野古」の地名ですが、名護市東海岸、旧久志村の繁華街として栄えました。

Print Friendly, PDF & Email

知名孝

投稿者記事一覧

フォトグラファー、動画制作者。個人事務所kirokubito代表。沖縄の自然や文化を中心に作品を撮り続ける。休日はキャンプを楽しむ。1986年、浦添市出身。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  3.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
  4.  任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日に投開票された。「オール沖縄」を標榜し城間幹…
  5. 20210612_県「総合的に判断する」緊急事態宣言の是非で-1
     5月23日にスタートした今回の緊急事態宣言。当初は6月20日の解除を目指して、小中高校の…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ